4-1

「初回スタートの手順」をする前に、自分の先物口座に入金しておく必要はありますか?

いいえ、先物口座に入金されていなくても同じように完全に動作しますので、動作確認の際には心配はいりません。入金は実資金で売買する前日までで大丈夫です。

4-2

製品に同梱していただいた「初回スタートの手順」では朝8時15分頃に動作確認するようにありますが、この時間は通勤時間と重なっています。仕事を休んで確認するしかないのですか?

お仕事をお休み頂いてご確認されるほどのことではありません。
お仕事への通勤はぜひそのままお続けになってください。
ロジックの自動稼働は説明書にもございますように、7時45分頃の再起動に始まり、動作のルーティーンが日々開始されます。こうしたルーティーンに慣れて頂くだけの目的ですので、7時45分以前の時間帯にOFA君の電源をONにしておけば決められた時間がくれば自動で繰り返します。ですので、お仕事から戻った時点でOFA君の蓋を開いて画面をご確認頂き、問題がないことを画面上で確認できればそれで大丈夫です。どうぞお気軽に考えてください。また、お仕事からお戻りの時間帯ではナイトセッションが稼働していると思いますので、動作画面が正常に動いているかどうかご確認頂けると存じます。

4-3

同梱の簡易説明書に書かれている手順は時間通りに正確に行なわないとダメなのでしょうか?

同梱の簡易説明書に書かれている手順は、時間通りに正確に行って頂く必要のないものも含まれています。例えば以下のようなものがあります。

・パスワードを入れる時間:
 これは指定の時間はありません。操作や画面の状態に慣れない際に誤発注などが起こってはユーザー様に損失を与える恐れがあるため、安全を期して説明書には時間を書き入れてあります。パスワードを入力する時間帯はいつでも良いのです。ただしOFAが自動的に立ち上がったあとにお願いします。無理やりExcelファイルをクリックしてOFAを起動すると誤動作の原因となります。

・各ロジックの立ち上がりを確認する時間:
 これも同様ですが、特に「必ず指定した時間帯」にパソコンの前に居てその動作や画面を確認しなくてはならない、という意味ではございません。できる限り早く自動動作の画面に慣れて欲しい、という制作者の思いですので、相場が稼働している時間で自動動作が行われていることを画面でご確認頂き、徐々に自動動作画面に慣れて頂ければ結構です。

・オールブラックス、レッドドラゴンのスイング系のロジックを使用する際のデータ取り込み期間:
 「1週間程度データの取り込み期間を置くこと」という内容が書かれていますが、これもきっちりと「1週間」と決まっているわけではありません。これはスイング系サインがまだ継続している間に、新たにロジックを「使用する」の設定にしてしまうと、パソコンが誤認識して誤ったサインで発注してしまう可能性があるためです(実際の売買ではスイング系サインの継続中はOFA画面のオールブラックスに「買い継続」「売り継続」のように表示されます)。そこでしばらく時間を置き、スイング系のサインが継続中でなくなり、次の新規サインが出る前のタイミング(多くは一週間以内)に「使用する」に設定することで、誤発注を防ぐことを目的としています。ですので、これも新規サインが出ていないタイミングであればいつでもかまわないわけです。あくまで、ユーザー様の損失を極力無くす目的で期間を明示しているとご理解ください。

 

4-4

OFAパソコンに岡三ネットトレーダープレミアムを自分でインストールしないといけませんか?OFAを使う前に、岡三証券に岡三ネットトレーダープレミアムを申し込む必要はありますか?

いいえ。岡三ネットトレーダープレミアムをお申し込む必要はありません。OFAパソコンは岡三ネットトレーダーがなくても、そのままでお使いになれます。

4-5

ポジション毎のストラテジーの違いをユーザーは把握できますか?

ポジションは、異なるストラテジーでユーザーが自動売買を行うためのものです。ユーザー様がご自分の考えで設定を行いますので、当然内容は把握(理解)できます。

4-6

たとえばオールブラックスにはポジションが3つあります。1枚建てたいとき、どのポジションを建てるのかはOFAが決めてくれますか?

いいえ。ポジションとはユーザー様が決定する戦略(ストラテジー)のことで、ユーザー様が選択します。ソフトウェアが自動で決定することは一切ありません。

4-7

最低枚数運用の場合、最大同時保有枚数は6枚ですか?

はい。ワラビーズ/オールブラックス合計で2枚、レッドシリーズ両方で最大4枚、合計で最大6枚です。

4-8

ポジションを保有しない日もありますか?

平均的には見送りの場が1ヶ月に数度という程度で、ほぼ毎日ポジションを保有します。

4-9

本当の意味の「OFAを均等に動かす」は、オールブラックスに3枚(各ポジションに1枚ずつ)、ワラビーズに3枚、レッドローズに4枚、レッドドラゴンに4枚ということですか?

ソフトウェアロジックの設計者の意図の「均等に動かす」は、「それぞれのロジックでポジションごとに1枚ずつ」ということです。合計の枚数は、3(オールブラックス)+3(ワラビーズ)+2(レッドローズ)+2(レッドドラゴン)=10枚になります。

4-10

各ロジックのデフォルト設定はどうなっていますか?

ワラビーズ、レッドーローズは寄引系のロジックです。このうちワラビーズはデフォルト設定を行ってもマーケットインパクトはほとんど無視できますので、デフォルト設定を行って出荷しています。また、オールブラックスもデフォルト設定を行なっております。

レッドシリーズにはデフォルト設定はございません。理由は、場中での新規建て/決済を行いますのでマーケットインパクトを考慮してデフォルトの設定値はございません。ですので、ユーザー様の方でお好みに有った設定値を見つけ出して頂く必要があります。

参考としまして、これまでの実績表を弊社のHPで公開しております。会員登録後にご利用頂けます。異なるロスカット値と利確値の組み合わせでの実績表となっています。皆様はこれを利用されてご自分の設定値でお楽しみ頂いています。

 

4-11

レッドシリーズの異なるロスカット値と利確値の組み合わせでの実績表はどこにありますか?

弊社ホームページの会員ページにございます。会員登録は、メールアドレスをご登録いただくとご指定のアドレスにパスワードが届きます。メニューは一番右上の【会員限定】実売買成績表となっております。

4-12

ホームページに記載されているレッドローズとレッドドラゴンの成績表は利確・損切をいくらに設定したものですか?

ロジック開発者がお答えします。レッドドラゴン、レッドローズは、場中での約定となるロジックですのでデフォルトの設定値では出荷しておりません。

ワラビーズ、オールブラックスは、デフォルトの設定で出荷しています。

このようにした理由は、寄引系では寄り/引けでの約定枚数が非常に多いのでマーケットインパクトがほぼ無視できるのですが、場中に約定するスイング系ロジックではマーケットインパクトがあると考えられるためです。マーケットインパクトがあると、ユーザー様に不利な価格で約定するなど不都合がございます。ですので、レッドシリーズでは、ユーザー様の方で好みの設定値にして頂く必要がございます。

弊社HPでロジックごとに利確値/ロスカット値を変えてフォワードテストを行った結果を「実売買成績表」でご覧頂けますので、そちらを参考にされてお好みの設定値を見つけて頂きますようお願い申し上げます。

以上のような理由により、弊社HPで公開している設定値は一般には公開しておりませんが、過去のフォワード売買実績表からご推察頂けるものと存じます。

4-13

説明書や特設サイトのFAQを見ると、「使用しない/する」の切り替え、枚数/ロスカット幅/利益確定幅の設定は、平日の8:15~8:30の間でなければならないように思えます。できれば入力を10分早めたいのですが、問題ないですか?

平日、休日にかかわらず、指定の時間は特にありません。ただし、相場が稼働を開始した後には変更や設定は行わないでください。誤発注の原因となります。
説明書では「設定の流れ」の中での解説として、平日の8:15~8:30としているだけですので、気にしなくてもよいです。

4-14

レッドシリーズのロスカットと利確値は、ATありなしの上下で同じ設定値にすべきですか?

いいえ。別の設定でも構いません。

4-15

本日の朝7:00にOFA君に初めて電源を入れました。岡三RSSのログイン画面が一瞬、表示されましたが、スグに消えてしまいました(画面からは消えましたが、バックでは動いていました)。7:45に再起動されましたが、岡三RSSはバックに隠れたままでした。8:06にOFA君が立ち上がり、8:16に「発注確認ナシ」に変わりました。以上の流れで問題はありませんか?

すべて正常です。
岡三RSSは立ち上がった後に画面からは消えます。バックグラウンドで動作しています。8:06にOFAが立ち上がり、8:16に「発注確認ナシ」に変わるのも正常です。

4-16

画面の一部に乱れがあります。「オールブラックスのポジション②」の「使用しない」の「使」の部分にプルダウンマーク(▼)が表示されており「使」の文字が隠れてしまっています。どうしたらいいですか?

プルダウンメニューになっているセルは、選択するとプルダウンメニューのタブ(▼)が右に表示されます。
「使」の文字が隠れて気になるようでしたら動作に影響のない他の場所(たとえば、パスワードのセルなど)にマウスに合わせてその場所を押せば、元の箇所のプルダウンメニューのタブは消えます。

4-17

OFAの画面からオフにする操作は説明書に書いてありますが、土日のOFAの画面が表示されていない場合はどのようにパソコンをオフにすればいいですか?

OFAが立ち上がっていない場合のパソコンの電源オフの方法は、通常のパソコンの電源をオフにする方法と同じです。デスクトップ画面左下のWindowsマークを押して、表示されたアイコンの電源ボタンからシャットダウンを選べば正しく終了できます。

4-18

レッドローズでAT動作を使用する場合は上下のタブを赤字の「使用する」に変えるとの注意書きがありました。ポジション①と②をそれぞれAT機能「あり」で1枚ずつ取引する場合、上下の枚数を1にしロスカット幅と利益確定幅は上下で同値にすればいいのですか?それとも、上段の枚数を0にし下段の枚数を1にするのですか?

レッド系のロジックでは、上段がAT機能なしの場合の設定です。AT機能「なし」で動作させる場合は、上段の方だけを「使用する」にして、枚数と利確値/ロスカット値を設定します。AT機能「あり」で動作させる場合は、必ず上下段を「使用する」にします。また枚数も上下段に1枚以上の枚数を設定します。その際、上下段の枚数は通常同じ枚数にします。上段だけ枚数0ではAT動作しません。

4-19

私のOFA PCのデフォルト値での売買記録と、DDL社のサイトにあるアップデート成績表を照合したところ、微妙に異なっています。何か理由はありますか?

私どもでは、数種類(異なる利確値とロスカット値の組み合わせ)のデフォルト値で出荷していますので、成績は微妙に異なります。もちろん、日々の実績は異なってきますが、いずれも年間収支やドローダウン期間の成績としてはほぼ同じですのでご心配ありません。
私どもが採用しているデフォルト値よりも利益が多い組み合わせも多くありますが、それらはドローダウンの金額が大きかったりします。そのため、ドローダウンが大きなものをデフォルトとして採用するのは避けて、比較的安定した動作の組み合わせを優先的に採用しています。
私どもは、年間ベースの長期目線でお考えになるのがベストと考えていますが、最終的には、ユーザー様が自動売買に慣れた頃にご自身のお好みの設定値にしてください。

4-20

ネットワーク回線の工事が予定されていて、半日程度ネットワーク接続できない期間が生じます。この時点で、ポジションを持っていた場合の対応はどうしたらいいですか?ポジションを持ったままOFAを一旦終了し、工事の次の日の8:30までに再起動すればうまく動作するでしょうか?一旦ポジションはいったん決済するべきでしょうか?理想は後者だと思いますが、前者での対応でも問題ないですか?

ネットワークが接続できない期間が半日程度ですと何とも申し上げられません。
半日程度で、相場が大きく変動する場合もあるでしょうし、ほとんど動かない場合もあるでしょう。ユーザー様のお考え次第です。そのまま残しておいて結果オーライになるか、泣きを見るか、誰にもわかりません。
私なら最悪の場合を想定してポジションはすべて決済し、安心してその時間を過ごします。回線工事が終了し、回線の状況を数日確かめた上で自動売買を最低枚数から再開します。ネットワーク回線は新しくしたからといってそれが完全とは言い切れません。ネットワークの瞬断は、自動売買では致命的な問題となるからです。
なお、回線工事終了後は、次の相場が開始される前に手動でOFAの設定を行ってください。場の途中では設定しないでください。

4-21

自動売買をスタートする前、指定された時間に取引パスワードを入力できない時は、場中で取引パスワードを入力したり設定してもいいですか?

場中での取引パスワードの入力や設定はできればおやめください。パスワード入力だけなら大丈夫ですが、設定は必ず相場が開始される前にしないと正しい売買指示になりません。