検索
  • オーファ

RPLロジックとSPLロジックの違い

おはようございます。10月も早くも3週目に入りました。すっかりご無沙汰してしまいました。


1つ前の記事でご紹介したように、新OFAシリーズの中立的・客観的な動作検証について

現在、さまざまな準備を行なっております。


まもなくDDL社様のホームページでもご紹介があると思いますが、以下のような各方面に新OFAシリーズの自動売買について検証を依頼する予定とのことです。


・Gonちゃん2世のブログ

・ツィッターやYouTubeなど各種SNSでのユーザー様の日々の成績の公開

・中立的な機関による動作検証・成績の評価

・その他


いずれも利害関係のない、中立的な第三者の立場で運用していただき、実売買の成績を包み隠さず公開するとのことです。


それだけ今度の新OFAシリーズには自信があるということだと思います。


できるだけ多くの方々に新OFAシリーズの良さをお伝えできればと思います。


新OFAシリーズは先週末に最新バージョンにアップグレードされ、バージョン1.03になりました。RPLロジックはミニ1枚~5枚まで細かく枚数が設定できるようになりました。


枚数をきめ細かく設定できるということは、特に証拠金の少ない初心者様ユーザーにとってはリスク軽減の有効な手段となると思います。


昨夜(10/12(月)ナイトセッション)から運用を再開したのですが、私のOFA-THE-TOPでは以下のような成績になりました。


Tigers +29905円

Lions +7392円

----------------------

合計損益 +37,387円


RPLロジックのタイガースはミニ5枚、SPLロジックのライオンズはミニ1枚です。


いまはタイガースとライオンズのみをアクティブ取引口座で運用しています。アクティブ取引は証拠金が有利なだけでなく、大引けで自動決済されるのでとても安心感があります。


自動売買の取引回数は日によって異なるのですが、昨夜はタイガース、ライオンズともに2回でした。どちらも動作は安定しています。タイガースはゆっくり取引し、またプログラムが軽量化されたせいか、以前のSuperiorバージョンと比較してパソコンもとても静かです。


OFA-THE-TOPの個人的な自動売買の運用成績は、DDL社様のホームページにある「アップグレード成績表」よりもトータルの運用成績は良くなっています。


RPLロジックの設定値については、もともと入っていた設定をわずかに変更して使っているのですが、設定を変えてもあまり成績の急激な変動がないように感じます。


RPLロジックの場合、日によってDDL社様の「アップグレード成績表」よりも成績が良かったり、悪かったりしますが、トータルとしてみると「アップグレード成績表」よりも好成績となっています。


難しい設定不要ですので、RPLロジックのタイガースは初心者でも安心してお使い頂けると思います。


一方、SPLロジックのデフォルト設定値はデリケートで、うまく当たれば成績が大きく伸びますが、外れたときはロスカットが続くこともあります。相場の状況に応じて、設定をきめ細かく調整するなどの工夫によって大きく利益を伸ばせそうです。


そういう意味でSPLロジックのライオンズは、お客様ご自身の自動売買システムをじっくり育てていきたい中~上級者向けという感じがします。


RPLロジックのタイガースのデフォルト設定が最初から使えるOFA-Jrは、初めて自動売買を始めたいと考えている初心者様にお勧めです。差額のみで上位機種に乗り換えも可能ですので、まずはOFA-Jrで自動売買に慣れるのに最適な機種と思います。


なお現在は新OFAシリーズのFAQ集を整理しています。近日中に公開したいと思います。



★★新OFAシリーズのご予約は以下の販売ページ


https://www.ofakun.com/blank-1


よりお願いします。


追記:ページトップにもボタンを追加しました。

182回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示